インタビュー記事

第五回 人と人との想いをつなぐ 「コンテンツディレクター」 かじわらまみこさん【後編】


今回のお相手:かじわらまみこさん

コンテンツディレクターという仕事しごと生業なりわいとしている。香川県出身かがわけんしゅっしん。学生時代じだいから香川県外にんでいたが、今は家族かぞくで香川にもどってきてらしている。二人の子どものママ。スポーツが好きで、生まれわったらアスリートになりたいともおもっている。でも人前ひとまえはちょっと苦手にがて

子ども取材班しゅざいはん

No.3 るったん:
勉強や書道しょどうを一生懸命けんめい頑張がんばっている。将来しょうらいゆめはディズニーの社員しゃいん


前編はこちら


挑戦したいことがたくさんある


るったん:
今の子どもにかじわらさんの仕事しごとをおすすめできますか?


おすすめ……そうだねえ、おすすめはできます!仕事内容ないようもそうだけど、場所ばしょしばられずに自分の生きかた優先ゆうせんできます。はたらくことも大事だいじだけど、住む場所や暮らし方や生き方をかんがえることも大事だなぁとおもうんです。

企業きぎょうで働くことも私は好きです。でも、自分の想いを優先した生き方をしたいと思うのであれば、ネットにかんする仕事はどこでもできるからいいなと思います。自分の子どもに「やめときな!」とは言わないです。


制限=限られること


るったん:
やろうと思えばできるものですか?


うん、できる。できるよ!


るったん:
これからやっていきたいことは何ですか?


そうだなあ、近い目標で言えば、今かかわっている企業やスタッフさんたちが「記事きじ書いてよかったな」って思えるような仕事をすることかな。もっとスタッフによろこんでもらえるような結果けっかのこしたいですね。そして知識ちしきや経験もやし、必要ひつようとされる人になりたい。

将来しょうらいはコンテンツディレクションなどの仕事をとおして、香川と東京の2か所を行ったり来たりするアクティブな人生をおくりたいです。

あとは……大好きな瀬戸内せとうちを知ってもらったり、広めたりする仕事もしてみたいです。せるものをつくるのが好きなので、文章ぶんしょうだけでなくデザインなど魅せるものをつくることに、まだまだ挑戦ちょうせんしたいと思います。


挑戦=やってみること


地元、瀬戸内での活動も楽しみながら取り組んでいるかじわらさん


「働く」と「お金」の関係について


―ここからは、「働く」ことと「お金」の関係についてもお聞きしていきましょう。働く大人はこの二つについてどのように考えているのでしょう?


るったん:
「働く」ということについてはどう思いますか?


働くとは、学ぶこと。勉強し続けなければいけないこと。ですかね。


るったん:
なぜそう思うんですか?


っている知識が三年後に役立やくだつかといったら、そうともかぎらない。仕事の方法ほうほうってどんどん変わっていくと思っていて。自分もそれにいつけるように勉強していかないといけない。学んでいくことでそれがお金にもなるし成長せいちょうにもつながるのかなと思います。


るったん:
勉強し続けることが大切なんですね。では「お金」についてどう思いますか?


必要ひつようなもの。おおくの人がごはんべてあたたかい布団ふとんねむって、ということをするために働いています。それは基本きほんです。それにプラスして、しいものをったり美味しいものを食べたり、ちょっと心が豊かになれるようなものを得るためにもお金は必要だと思います。
あと私は何かを体験たいけんするために必要だなと思います。体験って何より記憶きおくのこりますよね。旅行りょこうや遊園地に行くこともそう。いろんな体験を通して感激かんげきしたりこころを動かされたりすることがあります。それをいっぱいあじわいたい。


るったん:
「お金をかせぐ」ということについてはどう思いますか?


お金を稼ぐこと、仕事をすることでいろんな経験けいけんができたり、学ぶことができたりできる。何より仕事をすることで人とつながることができます。仕事をしなければ出会えなかった人たちです。人との出会いというのは大きな財産だなぁと思っています。

それに、だれかのために頑張がんばるって楽しいことだなと思っていて。仕事は自分が生きていくために必要だけど、誰かのためじゃないと私は頑張れないと思っています。


©️Kuppography

大人になっても、学び続けることが大切


るったん:
たしかに、お金があるからできることもたくさんありますよね。お給料きゅうりょうはどうやって決まりますか?


これは依頼された企業と決めています。記事を作った数や、ディレクション代などから決まります。


るったん:
満足まんぞくしていますか?


しています。でももっと稼げるようになりたいですね!(笑)


©️鈴木ヘレン

誰かのために頑張るって、楽しいこと



失敗してもいいから、挑戦してほしい


るったん:
かじわらさんは何のために働いていますか?


さっきの話と重なってしまうけれど、生活、体験、誰かと繋がるためです。人と関わりながら生きていきたいですね。


るったん:
「働く」と「お金の関係かんけい」についてどう思いますか?


これは難しいよね!

働くとお金……。私は仕事の頑張りって自分だけでは決められないと思うんです。自分で自分をほめることもすごく大事だけど、どれだけ頑張ったかって自分の価値観かちかんだけでは決められるものではないなあと。

ただ自分が頑張って動けば動くほど、まわりの空気も変わっていくものだと思っています。


価値観=どれほどすばらしいかという考え


るったん:
では最後に、子どもたちにメッセージをお願いします!


いろんな仕事や働き方があるけれど、「本当はこれになりたかったのにそうじゃない」「やりたかったのはこれじゃない」という場面ばめんが、仕事にはすごく多いんです。でも失敗しっぱいしてもいいし、挑戦ちょうせんしていってほしい。

私はもともとやりたいことがありませんでした。美容師びようしさんとか看護師かんごしさんとか、わかりやすい名前のついた職業しょくぎょうにならなきゃいけないと思った時期じきもありました。でも大人になっても見つけられなかった。

だから予定外よていがいの仕事やお願いなど、んできたものをとりあえずやってみようという気持ちでやっていたら今の仕事につながっていきました。
今、ゆめやなりたいものがなくても、挑戦すればするほど自分に向いているものがわかってくるはず。失敗しっぱいおそれず挑戦してほしいですね。もちろん、やりたい仕事があってそれを目指すのも、素晴らしいことだと思います。

どの仕事も必要で、どの仕事もランクはつけられません。働くことは学び続けることだと思うので、私も大人になったみんなに負けないよう、ずっと勉強し続けていたいです。

学校の勉強がどれだけ大事かって、今になって思いますね。選択肢せんたくしを広げるためにも必要なことですから。るったんも勉強するんだよ!(笑)


時期=決まった期間のこと


るったん:
はい!(笑)ありがとうございました!




コンテンツディレクターってどんな仕事?

・主にブログをつくるお手伝いをしている(かじわらさんの場合)

・企業や商品のことや想いを知ってもらうため、スタッフのみなさんに記事を書いてもらう

・スタッフのみなさんとしっかりコミュニケーションを取りながら、記事をつくるための構成やアドバイスをする


コンテンツディレクターの魅力

・日本全国どこにいてもできること。家にいながら働ける

・絶対的な正解はないけれど、よくも悪くもしっかり反応が返ってくる

・スタッフのみなさんの喜ぶ声が聞けたときは、「やってよかった」「頑張ってよかった」と思える


大変なこと

・絶対的な正解がないからそれを探すために頑張らないといけない

・いつ正解や結果につながるかわからない

・スタッフに会いたいときにすぐ会えない


「働く」と「お金」の関係

・働くとは、学ぶこと。勉強し続けなければいけないこと

・学んでいくことでお金にもなるし成長にもつながる

・自分がやった結果がお金として入ってくる

・生活、体験、人と繋がるために働き、お金を稼ぐ


かじわらさんの思う大切なこと

・働くことも、住む場所や生き方を考えることも同じように大事

・仕事をすることで人と繋がることができる

・失敗してもいいから、挑戦してみる

・挑戦すればするほど自分に向いているものがわかってくる

・働くことは学び続けること

・選択肢を広げるためにも勉強は必要



こんなお話もしました


るったん:
かじわらさんは、生まれ変わってもまたこの仕事がしたいですか?


うーん、したい、かな(笑)。

正直しょうじき考えたことなくて!今るったんに聞かれて、したくないとは思わなかったな。作り上げるということは好きだけど、簡単じゃないからすぐに「したい!」とは言えなかったけれど。大変だけどやりがいはあります。

すごくスポーツが好きだから、生まれ変わったらアスリートになりたいとも思っています。それもあたま片隅かたすみにありますね。


るったん:
じゃあもしホリプロにスカウトされたらどうしますか?


ええ!?(笑)考えたことなかったな!

今の私の性格せいかくだったらおことわりします。人前が苦手にがてなので、性格上、心が持たないです!(笑)


るったん:
生まれ変わったとき人前に出るのが大好きだったらどうしますか?


それはけるだろうね!SNSも頑張るし、自分の顔もどんどんせちゃうかな!(笑)




かじわらまみこさんのSNS




【子どものためのおしごとメディアNARIWAI】
子ども取材班:るったん
編集部:スナミアキナ、吉川由
写真提供:鈴木ヘレンKuppography
ライティング・編集:吉川由
サイトデザイン・構成:スナミアキナ

編集長:吉川由
主催:YOKARO