インタビュー記事

第六回 伝統文化を未来に「空手家」 鈴木隆昭さん【後編】

今回のお相手:鈴木すずき隆昭りゅうしょうさん

空手家という仕事を生業なりわいとしている。子どもの頃から、師匠ししょうである父に空手を習っていた。東京都とうきょうと大田区おおたく道場どうじょうがあり、大人から子どもまで空手の指導しどうをしている。また日本だけでなく世界せかいのいろんなところでも空手家として活躍かつやくしている。

子ども取材班しゅざいはん

No.5 かのぴ:
画力がりょくを上げることを頑張がんばっている。将来しょうらいゆめはイラストレーター。ソラマチできれいなかんざしを買ってもらったことがうれしかった。

No.6 ちっち:
洗濯を頑張がんばっている。将来しょうらいゆめはパティシエ。クラス替えがうれしかった。

前編はこちら

ここからは、「働く」ことと「お金」の関係についてもお聞きしていきましょう。働く大人はこの二つについてどのように考えているのでしょう?

声を出すことで、自分を表現できるようになる

ちっち:
空手をやっていて楽しいことやうれしいことは何ですか?

世界せかい大会で優勝ゆうしょうした時ですね。優勝はたった1人。そのときは2がいなくて、3位が2人。1人しかもらえない金メダルをもらったときはやっぱり嬉しかったです。

かのぴ:
優勝!すごいです!そんな鈴木先生には、モットーはありますか?

きちんとあいさつをするということです。まずは、あいさつから。もじもじしている人でも、あいさつはできますよね。そしてだんだん「押忍おす!」と部屋へやに来れるようになってくる。わたし気持きもちをおしえることを大切にしています。大切なのは、こえを出すこと。それができるようになれば、自分を表現ひょうげんできるようになってきます。

空手のあいさつは「押忍!」。みんな大きな声で元気よく。

ちっち:生まれわってもまたこの仕事しごとがしたいですか?

したいと思います。アルバイトをしたことはありますが、職業しょくぎょうは空手家としてしかはたらいたことがありません。なのでチャンスがあればほかの仕事もしてみたいですね。

かのぴ:
今の子どもにこの仕事をおすすめできますか?

すすめられます。武道ぶどうのひとつとして、空手をおすすめしたいです。ただほかの武道もいいところがあるので、その人に合った武道をやっていけたらいいですね。

武道をとおして、子どもたちに礼儀作法れいぎさほうを教えたいんです。礼儀は大人も子どももおなじ。礼儀があれば自然しぜんいができる。今はそれがわすられているような気がします。でもとても大切なことだと思います。

武道=日本の文化のひとつ。相手の動きによって攻撃したり守ったりする、空手や剣道・柔道などの運動

礼儀作法=人に対する正しいマナー

振る舞い=うごきや行動こうどう

ちっち:
これからやっていきたいことは何ですか?

いろいろな仕事がある中で、先輩せんぱい会社かいしゃの人たちと「うまくいかないから」と、簡単かんたんに仕事をめてしまう人がおおくなっています。気持ちが簡単かんたんれないように、空手や武道を通して指導しどうしていきたいですね。

空手ではなくてもいいので、その人に合った武道を強制きょうせいではなく自然しぜんに教えていきたいです。

大人も子どもも、礼儀作法はとても大切。

「働く」と「お金」の関係について

かのぴ:
「働く」ということについてどう思いますか?

義務教育ぎむきょういくわると、働くことができます。働ける環境かんきょうがあることや、親への感謝かんしゃ、そして今の状況じょうきょうでも仕事があるということに感謝したいです。

目標もくひょうがあったり達成たっせいするためだったりと、いろんな「働く」がありますが、働いたらお金をもらいます。働くということは、その働いた分お金をもらうことでもあります。目標にかってお金をめるのも働く理由りゆうのひとつですね。

義務教育=小学校6年間と中学校3年間の9年間のこと。その間、保護者ほごしゃは子どもに学校に行かせなければならないとまっている。

ちっち:
「お金」についてはどう思いますか?

何をするのにもお金が必要ひつようであり、お金がなければ生活せいかつができません。一つ一つのものに対してお金が必要ですし、生活する中で一番いちばん必要だとも思います。

ちっち:
「お金をかせぐ」ということについてどう思いますか?

何か目標もくひょうがあって、その目標を達成することだと思います。私の場合ばあいは生活のため。そして家族かぞくのために稼いでいます。

メモを取りながら真剣しんけんに話を聞く取材班

ちっち:お給料きゅうりょうはどうやって決まるんですか?

初任給しょにんきゅうといって、一番最初さいしょ金額きんがくが決まっています。そこからだんだん、頑張がんばって出した結果けっかによって上がっていきます。いっぺんには上がりません。

ちっち:満足まんぞくしていますか?

多くもらえる分には嬉しいですが、「もっとしい」などの意見いけんを言うつもりはないですね。

感謝の心を忘れないこと

ちっち:
鈴木先生は何のために働いているんですか?

家族をやしなうためです。それだけではなく、自分も生活するにはお金は必要です。なかったら食事しょくじもできないですもんね。

養う=相手が生活できるようにすること

かのぴ:
「働く」と「お金の関係」についてはどう思いますか?

働かなければお金はもらえません。お金をもらうために働くのだと思います。お金をもらうと好きなことができます。たからくじを当てたら大金持ちになれるかもしれませんが、働いてお金を稼がなければ宝くじもえません。

ちっち:
では最後さいごに、子どもたちにメッセージをお願いします!

お金に対して勉強することは大切なこと。その仕組しくみがわからなければ、お金は湯水ゆみずのようにどんどん出てくると勘違かんちがいしてしまいます。お金は大事にしてほしい。

多くのおやはみんなが大学を卒業そつぎょうするくらいまで、みんなのためにお金を使つかいます。それは、将来しょうらいあなたたちに成功せいこうしてもらいたいから。あなたたちが成功するか失敗しっぱいするかはわからないけど、それでもあせ水たらして働いてくれています。そのことに感謝するのはとても大切だと思います。

一生懸命いっしょうけんめい育ててくれた人たちに感謝できれば、簡単にいろんなことをやめたりはしないと思うんです。簡単にやめる人になってもらいたくない。つづけること、何事なにごとつらぬいてやることを大切にして欲しいですね。

かのぴ・ちっち:
ありがとうございました!

空手家ってどんな仕事?

伝統文化でんとうぶんかのひとつで、沖縄おきなわで生まれた空手を指導する

・空手の先生として、子どもからお年寄りまで空手の指導をしている

・海外に行って外国の人たちにも空手を伝える(鈴木さんの場合)

空手家の魅力

・外国の人たちと空手を通じて交流こうりゅうをして、いろいろな国の文化にふれることができる

・海外のたくさんの人と話すことができる

大変なこと

・空手のことについての勉強

武道ぶどう歴史れきしを学び、武道に対するトレーニングをすること

・稽古を通して、心や自分自身への気持ちを強くすること

「働く」と「お金」の関係について

・働くということは、その働いた分お金をもらうことでもある

・目標に向かってお金をめるのも働く理由りゆうのひとつ

・生活するにはお金が必要で、そのために働いてお金を稼ぐ

鈴木さんの思う大切なこと

一生懸命いっしょうけんめいそだててくれた人たちに感謝をする

・礼儀作法

・武道を通して心を強くする

・強さとは、貫こうと思ったことを貫くこと

・お金を大事にするために、お金について勉強する

こんなお話もしました

-小学一年生のとき鈴木先生に出会って、初めて空手にふれた二人。っ白な道着どうぎ、真っ白なおび。小さな体でいつも一生懸命いっしょうけんめいんでいました。二人は7きゅうになり、「押忍おす!」と気合きあいが入るようになりました。これをきっかけに、かのぴは今も空手を続けています。

かのぴ:前に一緒いっしょにやってた子たちも、上手になってるんだろうなあ。先生の子どもも空手をやってるんですか?階級はどのくらいですか?

子どもは弐段にだん。妻もやっていて、参段さんだんです。

かのぴ・ちっち:
そうなんだ!私たちよりすごい……。

かのぴ:
私も今も空手を頑張ってます!鈴木先生の道場どうじょうは、今どうなってるんですか?

コロナウィルスの影響えいきょうで、5月まで道場をめていました。今はソーシャルディスタンスをかんがえて、マスクをして稽古けいこをしています。ZoomとLINEで撮影さつえいした映像えいぞうながしています。残念ざんねんだけど、海外はまだ行けないですね。

【子どものためのおしごとメディアNARIWAI】
子ども取材班:かのぴ、ちっち
編集部:スナミアキナ、吉川由
ライティング・編集:吉川由
サイトデザイン・構成:スナミアキナ
編集長:吉川由
主催:YOKARO