インタビュー記事

第七回 スポーツのチカラで笑顔を届ける 「スポーツ系公務員」 伊藤遼平さん【後編】

今回のお相手:伊藤遼平りょうへいさん

もとFC東京とうきょうのクラブスタッフで『公務員こうむいん』という仕事しごと生業なりわいとしながら「スポーツ系公務員」として、今は埼玉県さいたまけん宮代町みやしろちょう役場やくばで子どもたちの笑顔えがおのためにはたらいている。

子ども取材班しゅざいはん

No.1 ケイティ:
空手や書道を一生懸命いっしょうけんめいがんばっている。空手で館長賞かんちょうしょうを取ったことがうれしかった。

前編はこちら

子どもたちのためにできることは何か

ケイティ:
いまの子どもに、公務員こうむいん仕事しごとをおすすめできますか?

すごくおすすめできる!いろんな人のためになる仕事ができるし、人の役にたっていることを直接ちょくせつかんじられます。そしていろんなことに挑戦ちょうせんできます。とく自分じぶんが生まれそだったまち頑張がんばれば、地元じもとというものがもっとすてきになるので、ぜひやってほしいですね。

ケイティ:
企画きかく自由じゆうにできるんですか?

自由にはなかなかできないので、上司じょうしに「こういう目的もくてき」があって「今こんな課題かだいがある」から「こういうことをして解決かいけつしたい」と提案ていあんするとできるようになります。

たとえば、コロナウイルスの影響えいきょうで、ぼくはたら子育こそだ支援しえんセンターはしばらく休館きゅうかんになりました。自宅じたく運動うんどうができず、あそびにも行けず、「つらい」「つまんない」というストレスをかかえている子がたくさんいました。

そんな子たちのために、さまざまな人と協力きょうりょくして、たのしい時間じかん発信はっしんしたいとおもって、上司じょうしつたえました。そして実際じっさいにそのり組みができるようになりました。

上司=その場所ばしょ責任せきにんっている人たち。課長かちょう部長ぶちょう社長しゃちょうなどの役職やくしょくのある人たち

発信=いろんな人に知ってもらうために情報を広げていくこと

ケイティ:
ホームページ見ました!どうやってすすめたんですか?

見てくれてありがとう!あれはいろんな人に「子どもたちのために何か一緒いっしょにできないか」と連絡れんらくをしました。協力してくれる人たちが動画どうがおくってくれたり、みんながいろんな協力をしてくれたりしてできました。

ケイティ:
これからやっていきたいことはなんですか?

僕の生まれた地域ちいきはスポーツ選手せんしゅとはえんがないので、選手に会える場を作りたいです。またさまざまなスポーツ競技きょうぎ体験たいけんしてもらえる場を作っていきたいと思います。

地域や社会しゃかいのみなさんに「スポーツっていいな」「アスリートに会いたいな」と思ってもらって、笑顔えがおやしていきたいですね。

子どもたちの笑顔が一番!

―ここからは、「はたらく」ことと「お金」の関係かんけいについてもお聞きしていきましょう。働く大人はこの二つについてどのように考えているのでしょう?

「働く」と「お金」の関係について

ケイティ:
「働く」ということについてどう思いますか?

すごく大変たいへんだけどすごく楽しい!働くことは食べるために必要ひつようだし、お金をかせがないといけません。でもやっぱり楽しいです。

ケイティ:
事前じぜんアンケートで伊藤さんは「働くことは冒険ぼうけん」と言っていましたが、公務員だとどんな冒険をしていますか?

公務員はやることが二種類しゅるいあると僕はかんがえています。ひとつは、今あることをまもつづけて街づくりをしていくこと。もうひとつは、今までなかったものを取り入れること。

僕の場合は、スポーツがない街に「スポーツのチカラでゆめ感動かんどうとどける」ことを、どんどん取り入れていくこと。ないものを取り入れることで、ステキなことがこるんじゃないかと思います。冒険をゲームのようにたとえると、いろいろなものを見つけながら、ライフポイントを使つかって、冒険の最後さいごにどんなことをげるか。そんな冒険のように感じていますね。

ケイティ:
なるほど……。「お金」についてはどう思いますか?

大切たいせつだよね。食べていくために大切だと思います。

ケイティ:
「お金を稼ぐ」ということについてはどう思いますか?

絶対ぜったい必要ひつようだと思います。食べものうため、まいやふくを買うためには、働いて稼がないといけません。

働くことはすごく大変だけど、すごく楽しい!

自分のバランスを考えて仕事を選ぶ必要がある

ケイティ:
給料きゅうりょうはどうやって決まりますか?

基本的きほんてきには年齢ねんれいごとに上がっていく仕組しくみです。毎年働いた成果せいかによってもアップしていきます。

成果=成功せいこうした結果けっか

ケイティ:
お給料には満足まんぞくしていますか?

満足はしていないけど、もっともっと活躍かつやくしないといけないなと思うので、まあこのくらいかな……。

ケイティ:
え、なぜそう思うんですか?

お金があるなら贅沢ぜいたくしたいという気持きもちがあるので、もっともらえるならしいからです(笑)。

ケイティ:
そういうことなんですね(笑)!では伊藤さんは、何のために働いていますか?

ひとつは衣食住いしょくじゅうのためです。そのためにお金を稼がないといけない。もうひとつは、将来しょうらい自分が「こういう未来みらいにしたい」と思っていることがあるので、そのためですね。

衣食住=る、食べる、むこと

ケイティ:
「働く」と「お金の関係かんけい」について思うことをおしえてください。

「働くことによってお金がもらえる」と思います。大人になると、自分の得意とくいなこと、きなこと、給料のたかいことなど、いろんなバランスを考えてえらんで仕事をめる必要があるのではないかと思っています。

自分の可能性を広げよう

ケイティ:
では最後さいごに、子どもたちにメッセージをおねがいします!

将来、自分がやりたい仕事に出会うために、
①たくさんの大人の話を聞いてみてください。
選択肢せんたくしを広げるために、たくさん勉強べんきょうしてください。
ゆめや自分の好きなことをかたれる大人になってください。

自分が働くことで、だれかが笑顔になるのはとてもすてきなことですよ!特に、子どもたちの笑顔のための仕事をすることは、やりがいがあります。

いろんな仕事をするために、職業しょくぎょうを知るために、たくさん勉強して自分の可能性かのうせいひろげてほしいです。僕は勉強をしてこなかったので、これから博士はかせになりたいと思ってもなれません。みんなはいっぱい勉強をして、なりたいものになってほしいと思います。

苦手にがてなこともあると思うから、まずは好きなことからはじめるのもいいですね。好きなことや気になったことをどんどん調しらべていきましょう!

あとは、ぜひ地域のいろんなイべントに参加さんかしてほしいです。おまつりや市役所しやくしょでやってるイベントなど、みんなのことを思って働いている大人の姿すがたが見られます。地域子育て支援センターにも遊びにきてください。公務員ってどんな仕事なのか、実際じっさいに見てってくれたらうれしいですね!

自分の仕事で子どもたちが笑顔になるのは、
とてもやりがいのあること。

こんなお話もしました

ケイティちゃんは将来何になりたいの?

ケイティ:
科学者かがくしゃ画家がかです。

おお!すごいね!どんなことを研究けんきゅうしたい?

ケイティ:
まだめてなくて…

ぜひなれるように頑張ってね。応援おうえんしています!

ケイティ:
はい!ありがとうございました!

スポーツ系公務員ってどんな仕事?

・地域でみんなの暮らしを支えている

・地域の子たちが楽しく過ごせるような場や、子どもたちの居場所を考えている

・子どもたちと選手を会わせるための活動をしている

スポーツ系公務員の魅力

・地域にすごくよい影響があるということが、目に見えてわかる

・「スポーツ選手との関わりで、子どもたちが喜んでいるのを直に見て感じられる

大変なこと

・どの部署に配属されるかわからない

・異動がある

・1人1人が仕事をおろそかにすると、みんなの生活がだめになってしまうという責任がある

「働く」と「お金」の関係について

・働くことはすごく大変だけどすごく楽しい

・衣食住のためにはお金を稼がないといけない

・将来自分が「こういう未来にしたい」と思っていることがあるので働く

・働くことによってお金がもらえる

伊藤さんの思う大切なこと

・たくさんの大人の話を聞く

・選択肢を広げるために、たくさん勉強する

・夢や自分の好きなことを語れる大人になる

・自分が働くことで、誰かが笑顔になることはとてもすてきなこと

・たくさん勉強して自分の可能性を広げること

伊藤遼平さんのSNS

【子どものためのおしごとメディアNARIWAI】
子ども取材班:ケイティ
編集部:スナミアキナ、吉川由
ライティング:吉川由
サムネイルデザイン・編集:スナミアキナ
編集長:吉川由
主催:YOKARO